臭い原因として腸内のことがある

臭くなる原因というのは色々とあるわけですがその一つに腸内環境があります。

プルーストクリーム

腸内環境が悪化してしまうと当たり前ではあるのですが便秘になることになります。そうなりますと腸内の便や発酵ガスが体中を巡っていき最終的に色々な所から発するというような形になってきてしまってそれが体臭になることがあります。

つまりは、汗や皮脂とともに全身から出るわけです。もちろんダイレクトに便の香りが出るというわけではないのですがそれでも結構臭い感じになってしまうので体臭を気にするのであればまずはそうしたところから改善するようにしましょう。

つまりは、体の匂いを戻すというような意味において腸内環境を良くしようということから始めるというのは悪くないわけです。

健康的な食事をしておくということだけでもだいぶ変わってくることではあります。体を洗うとかそういうことも当然需要にはなるわけですが内臓がよろしくないというようなことになってしまうとやはり身体全体の臭さに影響してくるというのは間違いないことになりますので、そこから検討してみるというのもよいでしょう。

それによって上手くいきます。臭いのケアはどこからか、というのは色々とありますが腸内から、というのは割りとよいことです。

多汗症で困っています。

私は物心がついたときから多汗症で困っています。http://onumakendo.main.jp/

汗をかくが故に臭いが気になり今までたくさんの商品を試してきました。

まずはデオドラントスプレーです。

学生時代手放せませんでした。

ただ今ではパウダーが舞って喉にからまり咳が出たりするので使っていません。

次にロールオンタイプのデオドラントです。

国内で売られている商品を色々使い、制汗作用はそれほどではないですが臭いにはそこそこ効果がありました。

現在は使っていません。

クリームタイプのデオドラントも使いました。

制汗作用はそこそこあり汗にも強いですが、塗ったあと白残りするので使わなくなりました。

そういったことを踏まえると現在はミストタイプのデオドラントを使っていますし、合わせて拭き取りボディーシートも使っています。

ボディーソープや石鹸もデオドラント機能があるものをたくさん使ってきました。

ただ、しょせん体を洗うものであり汗をかけば効果もそれほど強いというわけでないので、今は定番の一番売れている手頃な価格のボディーソープを使っています。

消臭に関するサプリも何種類か試しましたが全く効果はありませんでした。

医薬品の制汗の薬も売っていますが、その使用感と肌が結構荒れたのでもう使っていません。

ワキガで消極的

中学生のとき、同級生にワキガとからかわれたのがきっかけです。

薬用スクラボの効果と私の口コミ!

一瞬、同級生が何のことを言っているのか分かりませんでした。

それまでは、自分自身では気付くことができなかったからです。

以来、夏になると、脇汗が臭うことが気になるようになりました。

身に付けている肌着に、汗の臭いが付いてしまっていることに気付くたび、気分が萎えます。

そして、ちゃんと洗濯しても、臭いが落ちているかどうかを確認してしまいます。

父親も汗をかくと酸っぱいような臭いがするので、ワキガを遺伝しているのだということを痛感します。

大人になって、自分だけが気にしているのか、周りも気になっているのか分からなくなってしまいました。

周囲の人に「臭う」と思われているかもしれないと考えるのは、やはり胸が苦しい気持ちになります。

だからといって、他の人に聞いてみて「臭っている」と言われるのが恐くて、聞くに聞けません。

「なにか出来ることはないか?」と思って薬局に足を運びました。

そして、脇汗対策の塗り薬を塗ってみたところ、汗の臭いがしなくなりました。

ホッとした気持ちになったことを覚えています。

しかし、毎度のこと薬を塗るのは面倒なので、お金ができたらワキガ手術を受けたいと思っています。