ワキガで消極的

中学生のとき、同級生にワキガとからかわれたのがきっかけです。

薬用スクラボの効果と私の口コミ!

一瞬、同級生が何のことを言っているのか分かりませんでした。

それまでは、自分自身では気付くことができなかったからです。

以来、夏になると、脇汗が臭うことが気になるようになりました。

身に付けている肌着に、汗の臭いが付いてしまっていることに気付くたび、気分が萎えます。

そして、ちゃんと洗濯しても、臭いが落ちているかどうかを確認してしまいます。

父親も汗をかくと酸っぱいような臭いがするので、ワキガを遺伝しているのだということを痛感します。

大人になって、自分だけが気にしているのか、周りも気になっているのか分からなくなってしまいました。

周囲の人に「臭う」と思われているかもしれないと考えるのは、やはり胸が苦しい気持ちになります。

だからといって、他の人に聞いてみて「臭っている」と言われるのが恐くて、聞くに聞けません。

「なにか出来ることはないか?」と思って薬局に足を運びました。

そして、脇汗対策の塗り薬を塗ってみたところ、汗の臭いがしなくなりました。

ホッとした気持ちになったことを覚えています。

しかし、毎度のこと薬を塗るのは面倒なので、お金ができたらワキガ手術を受けたいと思っています。