バストが大きいのも困りもの

一般的にはバストが大きいほうが男性から人気がある、と思われています。なので、大きいバストに憧れる女性も多いのではないでしょうか。しかし、バストが大きいとそれなりに悩みがあります。1つ目は、着られる洋服に制限があることです。ワンピースが流行していますが、バストが大きいと似合わないデザインのものが多いです。バストの大きさそのままにスカートまで服が下りてくるのでおなかの部分がすごく太って見えます。

http://www.triathlon-mp.com/

そのため、私はワンピースを避けてしまいます。ネットショップのモデルさんは、ほとんどスラっとしていてバストが小さいのであまり着こなしの参考になりません。実店舗で試着しながらでないと似合う服を見つけるのが難しいことが悩みです。2つ目は、谷間の汗です。これからの季節は暑くなり汗をかきますが、バストの谷間も例外なく汗をかきます。汗がおおいと流れるくらいです。ブラジャーもバストの谷間までフィットしないので、谷間にハンドタオルを入れたりして汗を拭いています。

最後に、一番大きな悩みがバストの型崩れです。大きいので崩れ方も大きいです。若いころに比べるとバストトップの位置が明らかに下がっています。しかし、しっかりとホールドするブラジャーは苦しいです。苦しくなく、バストの形をキレイにできるブラジャーがあったらいいな、と思っています。

女性が思う理想の胸とは?

巨乳好きの男性は多いものですが、女性としてはただ大きいばかりでは不満気味です。巨乳も垂れ気味ではなくて、もっと反り返る胸が綺麗だと思います。なぜならば、胸の先がツンと尖ったようになれば、芸術的に美しいからです。憧れの胸になるためには、乳輪以外の条件も大切になってくるのです。

http://www.dailydiabetes.org/

胸以外も?女性が想う魅力的な条件
乳輪以外の条件も大切になってきます。たとえば肩のラインはややなで肩である事。いかり肩では女性的な雰囲気が漂いにくいからです。なで肩すぎず、ややなで肩であるということが大切なのです。腕の細さ、背中から腰にかけての華奢なラインもまたピンと沿った胸のラインには欠かすことのできないという重要なポイントです。

乳首の大きさもポイントに!
女性が綺麗、欲しいと思う条件に乳首の大きさもポイントになってきます。大きすぎるよりも小さめの方が女性らしくて可愛げがあるとう理由で、乳首は小さめが魅力的。加えて、色の違いも重要です。当然ながら桜色、ピンク色の乳首が理想的な色です。

女性にとっての魅力というのは、ただ巨乳であれば良い、そうでもないのです。可憐さ、可愛らしさ、美しさ、頼りなさ、こうした印象のある胸、胸元が理想的です。

夏場はごまかせないバストのサイズ

最近は、かなり暑い陽気になってきて、毎日半袖のTシャツで過ごすようになりました。冬場は、服を着込んだり上着を着たりすることで、バストのサイズがそこまで強調されない格好で過ごすことができますが、今のように暑い季節になりかなり薄着になると、どうにもバストのサイズをごまかせなくなります。これが、最近の私の悩みだったりします。最近、私はかなりバストのサイズがダウンしてしまい、とっても困っています。

http://www.dailydiabetes.org/

だんだん歳をとると、若い頃のようにバストのハリがなくなり、バストの皮膚もなんだかたるんできた感じがあります。それも、数年前まで子供に授乳をしていたので、卒乳をしてからのバストのサイズダウンがものすごい激しく、一気に悲しいバストサイズになってしまったので、夏の薄着は私にはかなりプレッシャーにもなるものです。

身体のラインを隠すようなファッションは、あんまりしたくないなぁと、若い頃はよく思っていたものですが、最近はいかに身体の気になるラインを隠すことが出来るアイテムなのかが、私のなかで重要だったりします。悲しいことですが、もうしょうがないことです。バストの大きさをごまかすのも限界があるのですが、あまりバストサイズが目立たないファッションをしたいものです。