夕方になると頭皮の臭いを感じてしまう悩み

専業主婦なので、日常で汗をかく、激しい運動をするということはほとんどないのですが、

ほど毎日といっていいほど、夕方から入浴前の夜にかけて、自分自身の頭皮に臭いを感じてしまう、という悩み。

クロハシャンプーの口コミや最安値で購入可能な通販サイトなどを徹底解説!

おそらく、頭皮に詰まっている脂分がしっかりと落としきれていないのが原因だろうと思うのです。

なるべくノンシリコンというシャンプーや頭皮をやさしくマサージしたり、専用の洗髪ブラシで髪の毛を洗ってみたり、

頭皮クレンジングに効果のあるシャンプーを使っているのですが、

頭皮のべたつきはありませんが、

やはり臭ってしまう頭皮の臭い。

それも季節関係なし、夏でも冬でも臭いを感じます。

家族は「臭いないよ~」と平気な顔をしているのですが、

私だけが過敏なのでしょうか?

だけど被った帽子や枕の臭いは中年のおじさん臭と同じ。

家族だからこそ、気を遣っていないのでは?と勘繰ってしまう私。

でも、子供のママ友だちに臭いでウワサになっていないかな、と心配でたまりません。

これって私だけの悩みではないはず??

朝やお昼は大丈夫で夕方に臭う頭皮臭。

何が原因なのでしょうか?

お酒やたばこもしないし、食生活も普通のはずなんだけどな・・・。

誰か、ヒント頂けると助かります。

ヘアケア

20代なのになぜ!? 切れ毛がポロポロ

20代の女性で、ショートカットにしている方はいらっしゃいますか? 私は10代の頃からずっとショートカットにしています。
理由は簡単で、セットが楽ですし、洗髪も簡単だからです!
ちょっとしたうねりも利用して、パーマ風のセットにしたりできちゃうんです。

通っている美容院ではいつもシンプルに、「すすぎとカット」をお願いしています。
10代の頃からこのスタイルで過ごし続けていたのですが……最近、ふとした時にハラリと髪の毛が落ちてくるのが気になっています。
1日に1、2回なら気にならないのですが、何回も起きるんです。多い時は、1日26回もそんなことがありました。

ベルタシャンプー効果

まさか抜け毛!? 気になって、落ちた毛をしっかり見てみると、毛根は付いておらず……。どうやら「切れ毛」のようでした。

治まる気配が無かったので、ある時美容院に行って、切れ毛のことを相談しました。すると、かかりつけの美容師さんは髪を見るなり一言。「トリートメントしてます?」
えっ? トリートメント? あれはロングヘアの人がするものでは!?
美容師さん曰く、ショートカットでも髪のトリートメントは必要なのだそうです。髪が伸び切らない短いスパンでカットをするため、キューティクルが傷つきやすく、髪が切れてしまうんだとか。このままにしておくと、30代半ばには髪がチリチリの枝毛だらけになってしまうと言われ、さすがにショックでした。

これまでヘアーリンスだけでケアしたつもりになっていましたが、髪の痛みを修復することに特化したトリートメントを使おうと心に決めた瞬間です。

皆さんは、髪のお手入れしてますか?
忙しいし、疲れちゃってるからまた今度……
髪も外気と埃、汗に晒されて疲れています。時にはゆっくり労ってあげてくださいね!

ヘアケア

寝グセじゃないんですよ。

私はとにかくクセ毛です。いつも美容師さんには「ここのクセ毛が気になるので、クセがでにくいようにカットお願いします」とお願いするのですが、どうしてもハネてしまう髪の毛…。本当にクセモノです。

クロハシャンプー

たまーに「ウェーブかけてます?良いですね」とプラスな意見をいただくこともあるのですが、ごく稀です。
多くは「寝グセついているよ?」とマイナスな意見…。いや、これ実は、寝グセじゃないんです。元々こういうクセ毛なんです、と悲しくなります。
お風呂から上がって、洗い流さないトリートメントをつけて、ブラシでとかしながら丁寧にドライヤーするのですがそれでもハネる毛。手ごわい。どうすればいいって言うの?
このクセ毛は昔からのようです。

この前小学校の卒業アルバムを見返したとき、今とまったく同じ部分の髪の毛がハネていて、まさに「寝グセ直さずに来たな」という風貌で笑顔で写っていました。
これは個性だと諦めるしかないと思うのですが、本当につらい。私も他人がこんな髪型してたら「あ、この人寝グセついたままだ」って絶対思いますもん。
あなたの周りに「あの人、毎日寝グセつけたまま出勤してるな…、直してこいよ」と思う人はいませんか?
その人実は、寝グセじゃないかもしれません。朝、一生懸命お手入れをしてもハネてしまう髪の毛というのがあるんです。どうか優しい目でみてあげてください。

ヘアケア

美容院でセットしてもらう髪の毛は一日で終わる

私は二か月に一回くらいのペースで美容院に行きます。量も多く、パサつき、毎日アイロンしている為毛先は痛みまくりの髪の毛。それを解消しに行くのですが、美容院行ったときはかなり良くなります。私自身、髪の毛の量が多いと思ってましたが実際美容師さんに聞くと髪の毛にまとまりがないから多く感じます、と言われました。

https://tips.jp/u/sayurin/a/emerire-sp

髪の毛の乾かし方、セットの仕方などしっかり聞いて次の日自分でしてみようと毎回試みますがそれがなんとうまくいかないんです。言われた通りにしているんですけどね。やはり美容師さんはプロだなと毎回思います。美容院で使用していたオイルなども試してみたんですけどなかなかうまくいかないものですね。そしてカラーは基本美容院でやってもらいますが色がすぐ落ちます。なので気になって結構な頻度で美容院に行くこともあります。

カラーをすると髪の毛にも負担がかかり痛みますよね。無限ループです。一番はカラーしないのがベストなんでしょうけどおしゃれの一つとしてしたいですよね。一番髪の毛が整っているのが美容院に行った日なので、朝から美容院の予約を入れてそのあとに大事な予定など入れてます。デートやショッピングなどですね。髪の毛がきれいだと気分も上がるのでこれからもどうしたらよくなるのか自己流で勉強していきたいと思います。

ヘアケア

AGAかもしれない…

私が薄毛に悩み始めたのは25歳。

完全レポート!エメリルヘアオイルの効果と私の口コミ体験談!

相撲で頭をぶつけていた部分が徐々に薄くなり、周囲の目を気にするようになってきました。はじめは相撲を続けてきた事が原因と思っていたのですが、歳を重ねるにしたがって薄毛の範囲が広くなってきました。

34歳の時、ふと鏡を見るとハゲを隠しきれていない状況になっていることに気付きました。

光が当たるとそれはまるで森林の木漏れ日のように髪の毛の隙間に光がわって入り頭皮を明るく照らしていたのです。

私はハッとしました。この薄毛は相撲のせいではないのではないか。と。

頭をよぎったのはAGAという症状でした。

色々とネット検索してみましたが、やはり某有名メーカーの発毛剤に頼るのがいいだろうとはじめたミノキシジル塗布…これが想像以上の効果を発揮しました。

毎日塗布する事2ヶ月。

頭皮をよく観察すると、元気な毛の横に短い産毛のようなものが…その毛は徐々に伸び、今では20代後半頃の状態になりました。

もう風が吹いても怖くありません。

しかし、人間というのは欲が出てくるものです。もっとフサフサにという気持ちが強くなっていくのです。

次の手段を考えました。それは自毛植毛です。

いったいいくらかかるのか。そして、どのくらい持続するか。副作用は。などなど色々調べましたが、結局は実行するまでには至りませんでした。それは費用面も関係しますが、維持していくためには飲み薬や塗布剤の併用がどうしても必要になってくることからでした。

現在は第3の方法を見つけ、現在検証中です。

それは、シャンプーを使わない湯シャン。

シャンプーの中に入っている界面活性剤が頭皮に良くないんだとか…いずれにせよ行き着いた答えが頭皮の血行促進と毛穴を清潔に保つ事でした。まだ検証中ですが、頭が臭くなることもなく、髪の毛にハリも出てきてます。

皆さんもこの情報社会の中、どの情報を信じていくべきか判断に困ることがあると思います。

最終的には自分を信じるしかありません。そして、何かを選べば何かを失います。選択は慎重に。

ヘアケア

ヘアブラシで髪を整える時の注意点

髪の毛を調える場合には、ヘアブラシを使用する人が多いですよね。私はそこまでヘアブラシを使用しないですが、このヘアブラシで髪の毛を調える時にはかなり注意しなければいけないです。というのも、ヘアブラシで髪を調える時に髪の毛が抜けてしまうリスクがあります。私も、ヘアブラシを使って自分の髪の毛が抜けてしまった事があるので、抜け毛が気になる人はちょっと注意して使用しましょう。例えば、ヘアブラシを使用する時には、力を入れずに軽く髪の毛を調えていきます。力を入れると、ヘアブラシに髪が引っ掛かってしまって髪の毛が抜け落ちますよね。

ノアルフレシャンプーの口コミ&レビュー!

頻繁にこのような事が起きると、少しずつ薄毛になってしまう事があります。また、髪の毛が抜けやすい人もなるべくヘアブラシを使う時に慎重にしていく事が必要ですし、なるべく使わないというのも1つの方法です。さらに、どのようなヘアブラシを使用するのかも大事です。自分の髪に合ったヘアブラシや髪の毛に負荷がかかりにくいヘアブラシを使用するのがおすすめです。使うヘアブラシの選び方によって、ヘアブラシを使っても髪の毛が抜け落ちにくく抜け毛の心配も軽減されます。

このように、ヘアブラシは便利なものですが使い方や選び方で注意点がいくつかあります。

ヘアケア