私は元々男性の中でも毛が多い方です。中学生のころにはすでに胸毛や腹毛はかなり濃かったと思います。そこにコンプレックスがあったこともあり、プールの時間などことあるごとに友達からいじられたりすることが凄く嫌でした。

パイナップル豆乳ローションプレミアムの使い方や効果などを完全解説!

そのため脱毛クリームを塗ったり、ガムテープを貼り一気に剥がすことで纏めて抜いたりしていました。とはいえ剛毛であったり、生える速度が速い体質だったので、結局はすぐもとの状態に戻ってしまうのです。

そんなふうに毛との格闘をしながらも時は流れ、大学生の時、私には彼女ができました。付き合って初めての夏に海水浴に行ったのですが、その時ショックなことがあったのです。彼女は付き合った当初「毛が濃い人結構好きだし、全然大丈夫だよ」と言ってくれていたので、海水浴に行く際も胸毛や腹毛を気にせずに行きました。当日、流石に濃すぎると思ったのでしょう、彼女は私を見るや否や「えぇ、さすがに濃すぎない?ちょっと剃ってほしいかも」と言われてしまいました。

後日、彼女に言われたことがショックだったこともあり、脱毛することにしました。しかしながら自分の毛が剛毛かつ生えるのが早いことが解っていたので、やるなら絶対『永久脱毛』と決めていました。色々調べてみると脱毛には、レーザー脱毛、光脱毛、ニードル脱毛など様々な種類があるようで、永久脱毛をするならニードル脱毛一択のようでした。ニードル脱毛は、毛穴に針をさして毛を作りだす毛根と毛乳頭を破壊することで一生生えなくするものです。

目的が『永久脱毛』だったのでニードル脱毛を選択することにしたものの、かなり費用が高かったのです。当時は大学生だったこともあり厳しかったのですが、彼女に言われたショックも手伝って何とかお金を工面して脱毛しました。しかし、これがまぁ痛いのです。針を毛穴に刺すため痛いのは当然なのですが、施術完了まで結構大変でした。

おかげで今では胸も腹も毛がなくきれいなのですが、腕や背中などは以前のままなので、かなり大げさに言うとゴリラやチンパンジーのような状態になっています。正直なところ、痛みの思い出が強く残っているので、腕や背中の脱毛は検討中です。

脱毛