子どもが小さい頃はよく外出して公園や海や山へとよくレジャーに出かけました。その頃は自分も若かったし、子育てで忙しくてお肌の手入れもほとんどせず、いわゆるオールインワンの化粧水で済ませていました。日焼け止めもしたりしなかったり。そんなことを数年繰り返していたツケが今に至ります。最近は子どもたちが「お母さんの顔ブツブツ?」って言うように。

http://www.jakarta-palembang2018.org/

シミのブツブツと毛穴のブツブツ。そう言われていても日中はコロナ対策でしているマスクで随分隠せているので、コンシーラーやマットなファンデーションでなんとかごまかしていました。鏡越しで見る自分を見て、確かにシミが目立つなぁ?と。でも化粧してごまかしてなんとなくシミを一時的に消して外出する。そんな繰り返しの日々。

しかし最近子どもたちが携帯も持ち始めて、スッピンの時の私の顔を激写しました。その写真がもう!!シミお化け。鏡越しで見る自分とまた違って客観的に見る自分。子どもたちがブツブツって言うのも納得。納得せざる終えない顔面シミ模様。自分だけど自分じゃない。認めたくない。そんな気持ちでその写真をそく消去させました。しかしそれが現実。知っていたけどまた見て見ぬ振りをしました。

そんな顔を見た記憶がまた新しいそんなある日、娘が「お母さんこのアプリ良いよ?」。そのアプリは携帯のカメラで反転して自分を写すと美しく加工してくれるアプリ。画面に映る私。それはそれはもう美しい。お肌は美白でツルツルタマゴ肌、毛穴もシミもなく更には鼻筋通り、目は大きく、口角上がり法令線は消え、アゴラインはほっそり。すかさず保存。「お母さん別人だね」余計な一言を言う娘。まじまじとその写真を見てシミがない自分を見るとお肌が綺麗なだけでもこんなに素敵に見えるんだぁ?。

いつか500円バンクがいっぱいになったら、美容外科でしみ取りに行くって決めてたから諦めてた私。しかしまだまだ貯まらない500円バンク。そうこうしてる間に増え続けるシミ。500円が貯まるかシミが貯まるか。明らかにシミ貯金の方が早かった。。。(泣)

そのアプリに写った美しい自分を見て火が付き、携帯でポチポチ。『美白 シミ 毛穴 ブログ』検索。出てくる出てくる。沢山の方がブログにアップしてくれてる。こんな便利な検索機能のある携帯があるのにこの手のワードをすることが無かったなぁ?。早速紹介している化粧水、美容液などをメモメモ。

そして買い物でポイント貯まるサイトで検索して即購入!こんなに商品が届くのが待ち遠しい日がないぐらい。商品が届いて早速シミに塗り塗り。それから数週間。完全に消え去りはしないけど、なんとな?く薄くなったんではないかと思われるシミ。(なっていないと思います)。長年放置したシミはそんなにすぐ消え去ることは無いのでしょうが、これをきっかけに美に対して考えが変わった私。

今からの積み重ねがまた10年後に自分に反映されると思うと俄然やる気が出ている日々です。他人はなかなか指摘してくれないことを我が子だから言ってくれる傷つくワードでしたが、結局その言葉が一番信頼があり、やる気をくれたのでした!