ストレス解消法は、とにかくノープランで旅に出る!出来れば、海外一人旅がオススメです。とは言え国内は、コロナ禍の真っ只中なので、当然ながら海外渡航制限があるので、あくまでも制限が解除されたという想定でお伝えします。今回の一人旅の渡航先は「韓国・ソウル」です。まさに「安・近・短」。安くて、近場で、ショートステイが楽しめます。ソウルと言えばクルメとショッピングが定番ですが、今回はストレス発散が目的なので、ここはあえて「ミリタリー体験」で行きましょう。

ドクタースティックは減煙効果は?臭いは?私の口コミ体験談を辛口評価でお届け!

まずは緊張高まる中での、「南北境界線(DMZ)ツアー」になります。イムジン河を挟んで北朝鮮が見れる場所でもあり、その境界線「板門店」を訪れるツアーに参加して、境界線上の警備兵の凛々しい姿を観ながら、現実を直視して緊張感を高めてもらいましょう。その後で訪問したいのが、「戦争記念館」です。ここは地下鉄で移動できる場所にありながら、日本人観光客もあまり訪れない場所です。広大な敷地内には、朝鮮半島5000年の戦いを時代に添って勉強しながら、戦闘機や戦車などあらゆる武器が展示されているので、アドレナリンも出まくって思う存分にミリタリー気分が味わえます。

その後は、明洞に戻ってグルメとショッピングを思う存分楽しんだ後は、締めのスポットになる「明洞実弾射撃場」です。言わずと知れた射撃場ですから、思う存分実弾がぶっ放せるのでストレス発散には持って来いの場所です。料金も4万ウォン10発からとリーズナブルに楽しめます。オススメの銃は、口径のデカい「S&W」系も良いですが、ここは定番の「グロック」や「ベレッタ」あたりが無難でしょう。好みの拳銃を手に持って、全集中で標的を狙ってトリガーを引いて、打つべし!打つべし!実弾発射音と衝撃を体に感じながら、いやなことなどすべて打ち消しちゃいましょう!日本では味わえない異次元の体験で、あなたの気持ちに安らぎが訪れるでしょう。