高校入学と同時に慣れない環境が続き、ニキビがフェイスラインに沢山できるようになった。ネットでニキビに効くと言われている美容品やサプリなどを試したがどれも効果がなく、気分が落ち込むことが多かった。ファンデーションで隠せると思い、ニキビ用のコンシーラーなどを購入したが隠すどころか酷くなりすぐやめた。

シルクリスタ

周りの友人に相談するのも当時は恥ずかしくて出来なかったので母親に話すことにした。「皮膚科が一番よ」と受診して塗り薬やピーリング石鹸を処方された。どれも保険適用だったので金額もそれほど困る額では無かったので継続しやすかった。(ニキビ治療は継続していくことが大事と言われたため、金額の相談もしていた。)

男性ホルモンが多いとも分かり、体質的なものであると治療を受けて分かった。ニキビ治療を初めて1年後に漢方を服用するようになった。

粉末であるため、最初は味に苦しみ嫌になることもあったが慣れたら美味しく感じることが出来た。漢方を続けてニキビが出来にくい体質になった。

体質改善を目的に処方してもらったので効果が出た時はすごく嬉しかった。肌の悩みは尽きないが、一人で悩まず、専門家などの周りの方に助けてもらうことで気持ちが楽になり、解決法を得ることが出来た。