年末年始にナツメロ番組が多く放送されて、温泉じゃないですがカケ流していたわけです。

そこで目にしたおば(あ)さまたち、こまどり姉妹という言いますが、十年くらい前と変わらずギリ見られる老け顔でキープしていらっしゃる。

人形のように。

シミやそばかすはメイクと照明で消えるけれど、大きなシワは隠せない。ほうれい線はくっきりとしているけれども物凄くは老けず保っている。その老け込まない老け顔の保ち方に感心しましたね。

もちろん歌は入って来ませんでした…

http://www.asavvylifestyle.com/

旅行番組にも驚異のおば様が出てらっしゃる。

多岐川裕美さんです。

ほうれい線が…ない!(ように見える!)

ちょっと前までくっきりと老け顔になられていたのにこの変化すごい!と思って見ていたら、IKKOさんに顎から額へ顔を引っ張るエステを受けていると。どんだけ?(引っ張ってるの)!

隠しておけば良いものを、つい人に言いたくなる、自慢したくなる…わかります。あんだけ?変わってれば自分でも驚異だわ。

結局、芸能人や顔が商売の女性、自意識高い女性はシミ、シワ、ツヤ、たるみなどお金でサッサと解決しているわけです。

ほうれい線なんぞ手術用の糸を仕込んで引っ張って解消!数十万もはした金!

じゃあお金のない自分は顔のたるみ、ほうれい線、考え込む性格が禍してベートーヴェンのような眉間のシワ、高校野球応援でついたシミの数々をどう解消していけばよいのか。

最低限のことしかできないのです。

まず、お肌を良好に保つには水分、油分、新陳代謝が重要と言われます。

加湿器使っています。家にあった小型の。

良いですよ。すぐそばで湯気立たせてるとお肌がすべすべします。

ワセリン塗ったりもします。

シミは薄くなるようヒマシ油を塗ってみたり。アマゾンでアフリカ製のを調達、確かに薄くなりました。

美味しいもの食べてます。

そんな感じで年相応の面貌。

ただ、日常にこまどり姉妹がいたり、多岐川裕美さんがいたらどうですか?

美しいのでしょうか。

怖くないですか?

いや、怖いでしょ。ある時点の年齢以上に見た目が変化しない女、逆に若返っていく女…

美しさよりもその不自然さに、ある種の業(ごう)、執念の権化を感じてしまいます。

美しい外面の下に物凄い埋蔵金、いや捨て金が。

一般人たるもの、不自然な豪腕は揮わない方が美しいです。