初めて肌荒れを起こしたのは中学生の時でした。その時は一つ大きなニキビができたので市販に売っている塗り薬を使いなおしていました。その時から、ニキビができるなおるの繰り返しでニキビが無い時がなかったくらいでした。

ラントゥルースの口コミ!

 高校生になると次はニキビに加え、【鼻の角栓】【ニキビ跡】に悩むようになりました。鼻の角栓に使っていたのが・・・市販で売っている鼻パックでした。これは、鼻にパックを貼り、それを引っ張るとそのパックに白の角栓がゴッソリ取れるというものです。これがものすごく楽しくて癖になってしまい、ひたすらやっていました。(笑)これが後にさらなる肌トラブルに繋がるとは知らずに・・・。ニキビ跡には、ビタミンC配合の美容液を使っていました。このようになるべく市販のものでやり過ごしていましたが、全く治りませんでした。

 大学生になると、化粧を本格的にするようになりました。ここで「コンシーラー」というものに出会いニキビやニキビ跡を隠すために塗りたくっていました。この頃は、ニキビ肌を治すより、ニキビ肌をどう隠すかを重要視していたため肌にはコンシーラー・ファンデーション・パウダーととりあえず塗りたくっていました。(笑)そのように過ごしていると・・・余計に肌が悪化し、鼻にも黒いつぶつぶが!いわゆる【イチゴ鼻】になっていました。さすがにこれはまずいと思い【ノーファンデ肌】を目指すことにしました。

 私がまずやったこと
①化粧品の見直し
SNS上で良いと言われているもの片っ端から買い集めましたが、私の肌にほぼ合わず逆に肌荒れしてしまうことが何度もありました。なので成分などをよく確認し自分に合う化粧品を見つけることをしました。結局自分の肌に合ったものは「無印良品の化粧水と乳液」でした。

②化粧をしなくなった
自粛期間中外に出なくなったので化粧をしない生活を送っていました。すると、肌荒れをしなくなったので今では、下地とパウダーにみです。

③食事を見直した
私は食べることが大好きで、よく牛丼・かつ丼・スパゲッティ・そうめんなどをよく食べていました。見直したこととしては、「プチグルテンフリー」をしたことです。完全にだとストレスが溜まってしまうので・・なるべく小麦を避けるようになりました。例えば朝食はパンでしたが、ご飯に変えたりなどムリの無い範囲でやっていました。

④皮膚科にいった
ニキビごときで皮膚科に行くのはな~と思っていたので皮膚科には全く行っていなかったのですが、行くべきです。ちゃんとしたお薬がもらえるので治りもはやいですし、内服薬ももらえるので内側から治すことが出来ます。
 ニキビの悩みは誰しもが持っていると思います。自分の肌質を知り、それにあった化粧品を見つけ、健康的な食生活をすることが大切だと思います。当たり前のことですが、実は出来ていないことがあります。まずはそこから見直してみてください。